タトゥー除去の方法の紹介

main-img

タトゥー除去には様々な方法があります。



青や黒などの一色で彫られている場合、レーザーを数回にわたって照射する事で除去する事ができます。
この方法は長期にわたる通院が必要となります。



彫ってある範囲が比較的小さく複数の色を使用している場合は、切除による除去が良いとされています。


安く短時間で消す事が可能ですが、術後のアフターケアをしっかりと行わないと傷跡が残ってしまう事もあります。



タトゥーの色素が入り込んだ皮膚を削り取る剥離という方法は、狭い範囲であれば一回の施術で切除する事ができます。



この方法も傷跡が残らない様に、実績と技術のあるクリニックを選ぶ事が重要です。
広範囲にわたって彫られている場合、一般的に植皮という方法が選ばれます。


これはタトゥーが彫られた部分の皮膚を取り除き、他の部位の皮膚を移植すると言う方法です。


タトゥー除去を行える部位には様々あります。



小さいタトゥーが彫られる事の多い手や腕は、レーザーを用いる事が多いです。



二の腕などに広く彫られている時は、複数回の施術が必要な場合もあります。


胸やお腹は皮膚に余裕のある部位なので、レーザーの他に皮膚切除を用いる事もあります。



背中やお尻に広く彫られている場合は、数回の皮膚切除や植皮手術が用いられます。


太ももは皮膚に余裕があるため、切除を用いる場合少ない回数で施術を完了する事ができます。
すねなどの皮膚に余裕がない部位では、切除は数回にわたって行われます。



タトゥー除去を行う際は、信頼できるクリニックとドクターを見つける事が大切です。

関連リンク

subpage01

タトゥー除去について

刺青やタトゥー除去をしたいという場合、クリニックで施術を受けることになります。タトゥー除去にはいくつのかの方法がありますが、レーザーの光をタトゥーに照射し、色素を分解して除去するという方法が主流となっています。...

more
subpage02

タトゥー除去を考えたら

一度入れたタトゥーというのは、自力では消す事が出来ません。タトゥーを入れる時は、おしゃれ感覚で軽い気持ちで入れたとしても、そのタトゥーが入っている事で、就職や仕事、日常生活に影響が出てしまう事は珍しくありません。...

more